読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラに不審な男、放火の疑いも 新宿ゴールデン街火災

<記事要約>

東京都歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で12日に発生した火災は、防犯カメラに出火直前に出火元と思われる空き店舗に出入りする男が映っていたことが判明したため、警視庁は放火の可能性があるとみて捜査を進めている。

<疑問>

この火災が防犯カメラに映っていた男による放火だとしたら一体何のために放火をしたのだろうか?

<考察・考え>

考えられる理由は、出火元の空き店舗に関係する人物に恨みがあった、もしくはただ単に放火がしたかったかのふたつである。
しかしどちらにせよ、このような事件はあってはならないと私は思う。
私は放火が起こらないような社会を実現するには、放火に対する罰則をもっと厳しくするべきではないかと思う。